インターネットバンキングで法人税や地方税、源泉税の納付が可能

インターネットバンキングを利用して法人税や地方税、源泉税の納付をすることは可能でございます。新しい情報を手に入れて実践しているきちんとした税理士事務所(会計事務所)であれば、対応してくれるケースが多いのではないでしょうか。

 

もちろん、当税理士事務所でもインターネットバンキングでの納付は可能でございます。銀行のATMなどからペイジー(Pay-easy)で納付を行うこともできます。

 

昔は納付書を使用して法人税や地方税、源泉税を納めることが当たり前だったのですが、今ではネットバンキングを利用して納めるケースがかなり増えていますよね。納付書を持って銀行に向かって納めると、移動時間と銀行での待機時間がもったいないですよね。特に社長が資金管理をしている会社では、社長の時間が取られてしまうことが多く、社長の時給が高いと考えるのであれば、このような時間はできる限り省いていきたいものです。

インターネットバンキングで納税する方法

さて、税理士にインターネットバンキングを使って簡単に納税したい旨を伝えましたら、後は何をすればよいのでしょうか。実はとても簡単です。利用している金融機関のネットバンキングにログインして、税金の納付という項目を開き、そこで税理士から教えてもらう下記の情報を入力するのみです。

 

・収納機関番号 

・納付番号 

・確認番号

・納付区分

 

上記の情報をネットバンキング上で指示されたとおりに入力していくと、振込するところまでたどりつくことができます。その過程で悩むようなことはないでしょう。

 

税理士事務所側としては、法人税や源泉税の納付に関する情報は簡単に取れるのですが、法人地方税に関しては、eltaxのPCdeskというソフトをインストールして、そこを通じて一度納付情報発行依頼をしなくてはなりません。


そして、その納付のために必要な情報が戻ってくるまでに少々のタイムラグがあるため、納期限当日とかに決算が固まったような場合には、間に合わないと言うケースもあり得るので注意が必要ですね。地方税のネットバンキングでの納税ももう少しスムーズに行えるように改良されると良いのですが。


こちらのページでは、ネットバンキングを使用した納税に関して記載いたしました。少しでも社長様、経理の方の負担を軽減するためにも、ネットバンキングを利用した納税も検討してみてくださいね。もちろん、納付書を利用して従来通り銀行で納付する方が安心感があると言う場合は、従来通りの方法でも良いかとは思いますが。


反対に税理士事務所の方は、是非こちらの便利なネットバンキングによる納税を取り入れてみていただければと思います(多くの税理士さんが既に取り入れているとは思いますが)。実際に、「今の税理士から、納付書による納付以外には対応できないと言われたから税理士をセンチュリーパートナーズに変えたい」というお客様もいらっしゃいましたので。そのくらい、ネットバンキングの納付は楽なんですよね。


→渋谷の税理士のTOP PAGEへ

 

法人や個人事業を営まれている方はお気軽に当税理士事務所にご相談くださいませ。節税、確定申告、融資などに関してご相談に応じております。

▲このページのトップに戻る