税理士とはどんな仕事をするのか?他の職業との相違点に関して。

税理士とはどのような職業かということをここでは説明していきたいと思います。例えば、同様の会計に関わる国家資格である公認会計士は何が違うのでしょうか。会社を興したり、個人で事業を始める方は、税理士がどのような役割を担うのかを知りたい思いますので、簡単に記載したいと思います。


私自身、開業以来、「税理士と会計士は何が違うのですか?」という質問は数え切れないくらい受けてきました。私に限らず、多くの税理士、会計士が同じ質問を受けてきているのではないかと思います。たしかに、一般の方々からすれば、「どちらも経営に関するお金の計算をしているのだろうな」ということがわかる程度で、その具体的な相違点についてはわからないと思います。私自身も、税理士になることを志すまでは、両者の違いはよくは知りませんでした。


まず、税理士の業務に関してです。これはイメージがしやすいと思います。何しろ、税金の税の字ががついているのですから。企業や個人事業主、不動産オーナーの会計処理を代行したり、節税のアドバイスをしたり、申告書を作成するのが1つです。その他には、資産税、つまり贈与税や相続税の申告の代行や節税対策・納税対策を行ったりします。顧客の規模で言うと、中小零細企業がほとんどであり、パートナーとして財務面における検討を行ったり、税金対策を行っていくのが税理士だと思っています。ときとして企業の代理人という立場であり、企業のパートナーにみたいなものだといえるでしょう。税法を駆使していかに中小企業にお金を残していくのか、いかに融資を獲得するか、どのように利益を高める体質にしていくのかを考えることが業務の中枢にあるためですね。

また、税務調査が入ると、その調査にも対応して、顧客の権利を守るという仕事もあります。こちらの税務調査対応こそが、全ての税理士の仕事の中で最も重要なものだと考えられているのではないでしょうか。税務調査と聞いて不安を感じられているお客様に対して、安心を与えるのが税理士の仕事でもあるわけです。そして、きちんとお客様の主張を通す努力をするように努めるわけです。


次に公認会計士さんについても触れておきましょう。税理士と同じくいわゆる会計系の資格という位置づけではありますが、その主たる仕事は大きく異なります。会計士は、独立した第三者の立場から、企業の決算書(財務諸表)を監査し、それがきちんと会計基準に則っているかを調査することで、その企業への投資家の信頼を確保することが仕事であるといえます。つまり、企業が会計基準に従わない処理をして、投資家に不利益が生じるようなことを防ぐことが大きな仕事だといえます。必然的に、中小のオーナー企業ではなく、上場企業などの大企業が主たる顧客となり、普段見ている取引の金額も非常に大きいはずです。金額的にも、数十億から数百億の取引額のある企業を監査しているのです。もちろん、税理士の顧客にも数十億の会社は多くありますが。


こうなると、中小零細企業は税理士、大規模な会社や上場を目指す会社は公認会計士を選択すると言うのも、一つの考え方ではないかと思います。税理士が対税務署や金融機関の融資対策などを意識して働くのに対して、公認会計士は対投資家(対株主)を意識して働くと言う違いがあるため、結果的に中小零細企業は税理士と付き合い、上場企業は公認会計士が所属する監査法人と関わっていくことになるのです。


このように違いのある税理士と会計士ですが、会計士さんの中には、最終的には税理士になって、税理士の仕事をメインとしていく方が多くいます。そのため、経営者も税理士と公認会計士のどちらに顧問してもらおうか、迷ってしまうということもあるのではないでしょうか。正直なところ、こうなると、経営者と専門家の相性が良いかどうかが一番大切なことになります。資格で判断するのではなく、相手の人間性や能力を見極めて決定された方が無難でしょう。


強いて言うのであれば、会計はどちらの資格者も問題なく処理はできるとして、税務や資産税に強いのが税理士、株式評価や大企業の会計、上場対策に強いのが会計士ではないかと推測されます。あくまで私の感じる傾向ではありますが、そのキャリアからして、当然、このような違いが両者に出てくるのです。ただ、両者共に経験を積んでいくと、どちらの資格者の知識レベルも差がなくなってくると思いますので、最終的な税理士・会計士の選択は、やはり、資格ではなくて、その専門家の知識や資質に依存することになります。


ですから、やはり、自分の会社のために親身になってくれる専門家かどうかということが重要になります。税理士や会計士をお探しの際は、何名かの専門家と会ってみて、どの人が自分の会社にふさわしいのか、慎重にご検討ください。資格の種類よりも、経営者本人と目指すべき方向性が似ているかどうかも検討した方が良いでしょう。

 

渋谷で会社設立なら

渋谷区で会社設立をされるのであれば、当事務所と提携先の司法書士・行政書士とでスムーズかつスピーディーに会社を作り上げる当事務所にお問い合わせください。

 

渋谷の税理士とは?

渋谷の税理士とはいったい何なのか、まずはこちらをご覧ください。専門家の選び方の参考になるのではないかと思います。こちらを通じて少しでも、我々、渋谷の税理士のことを知っていただければと思います。

▲このページのトップに戻る