酒類販売業免許の許可取得

酒類販売業免許とはいわゆるお酒を販売するための免許(許可)であり、税務署に申請する必要があります。

ここで許可を取得しないと勝手にお酒を売ってはいけないんですね。

何故税務署なのかというと、実は酒税法の絡みなんですね。

酒には酒税という税金が課税されるため、税務署が書類の提出先であることは自然なことと考えられます。

 


では、免許取得をサポートしてくれる専門家はどこにいるのかと申しますと、実は、酒類販売免許を専門に取り扱う専門家(行政書士)は、ほとんどいないのではないでしょうか。

行政書士の先生にとっても、この分野は割とニッチなのかもしれません。

それゆえに、酒の免許の取得依頼をする際は、極めて慎重に専門家を選ぶ必要があると考えられます。

 

渋谷区恵比寿の税理士事務所センチュリーパートナーズは、「酒類販売免許を主力業務とする専門家」と提携していますのでご安心ください。

 

  • 一般酒類小売業免許(酒類を小売する場合の免許です)
  • 通信販売酒類小売業免許(インターネット上で販売する場合などはこちらに該当します)

これらの免許の取得をご希望される方は、センチュリーパートナーズまでお問い合わせください。

無事に酒類販売業免許の取得をできるようサポートいたします。


なお、対応地域といたしましては、1都3県、静岡あたりまでとさせていただきます。

基本的には、一度お問い合わせを頂き、その後、専門家から折り返しご連絡させて頂く形を採用しております。 

 

お問合せ先はこちら

TEL : 03-6712-2680

受付時間:月曜日〜土曜日9:00〜18:00

渋谷区恵比寿南2-21-2恵比寿サウスヒル301


お問い合わせフォームはこちら 

 

渋谷区&恵比寿駅の会計事務所、税理士事務所のトップページ

 



 


▲このページのトップに戻る