会社員が副業で紹介料や情報提供料、謝礼をもらっても必ず申告を。

会社員が副業で紹介料や情報提供料、謝礼をもらっても申告を行ってください。

会社員であるから申告をしなくても良いということはないですし、年末調整では副業収入は含まれずに調整されているため、別途確定申告が必要なのです。

なお、副業の所得が20万円以下の場合は、税務署ではなく、役所だけへの申告で事足ります。

20万円超の場合は、税務署だけに申告しましょう。


会社員の副業の場合には、確定申告の際には、会社の源泉徴収票も提出する必要があります(電子申告の場合は提出省略が可能)。

源泉徴収票は大切に保管しておいてくださればと存じます。


なお、会社員の「副業がばれない方法/副業の確定申告」もご参考となさってください。

副業に強い税理士が記載したページですので、ご参考となるかと思います。


こちらのページでは、紹介料、情報提供料、謝礼などは報酬であり、確定申告が義務付けられていることを説明いたしました。

確定申告は作成になれていないと大変ですので、初めての申告に関しては、ご自身で作成するのではなくて、税理士に確定申告書を作成してもらっても良いのではないかと思います。翌年からは、税理士の作成した申告書を真似して作成し、また、税理士が講じた節税策も真似して行えば良いと思います。


ご相談事項や確定申告等のご依頼に関しては、お電話または下記のお問合せフォームよりお願いいたします。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 03-6712-2680

受付時間:9:00〜18:00(日、祝日は除く)



▲このページのトップに戻る