2,000万円超の給与を得たら確定申告が必要です。

2,000万円超の給与を得た方は、所得税及び復興特別所得税の確定申告が必要となります。

2,000万円と言うと一般的には高額な収入であり、割合としては少ないものです。


ただ、会社の経営者、役員の方や外資系企業のサラリーマンの方は2,000万円を超えることも多いものです。


また、このような方々は年末調整を会社で行う必要はありません。

正確には、会社では2,000万円超の方は年末調整を行うことができないのです。

そのため、会社に対して、生命保険料の控除証明書など、年末調整に必要となる書面を提出しないようにしてくださればと思います。

自ら確定申告を行うことが所得税法上で義務付けられていますので、わざわざ会社で年末調整を行わう必要がないのですね。

こちらのページでは、2,000万円超の年収を稼いだ方の確定申告の必要書類に関して、また税理士事務所(会計事務所)に依頼するメリットに関して記載していきたいと思います。


なお、確定申告した場合は、通常は追加納付となることが多いのですが、所得控除が大きい場合には税金が還付されることがあります。所得控除はもれなく計上するようにご注意くださいませ。


年収2,000万円超のサラリーマンの確定申告を説明する税理士のイメージ画像

▲このページのトップに戻る