税理士会への登録が必要

税理士になる資格を有していても、それだけでは税理士ではありません。

税理士となるには、日本税理士会連合会の税理士名簿に登録することが必要となります。


登録には、税理士登録申請書(第1号様式)、誓約書、登記されていないことの証明書、在職証明書をはじめとして、非常に多くの書類の提出が必要となります。

書類の用意は中々大変ではありますので、書類の準備に1週間程度要すると見込んでおいた方が良いでしょう。

開業税理士として登録する場合には、更に税理士(法人)事務所設置に関する書類などの提出も求められるので、更に大変ではありますね。

提出先は、東京であれば、東京税理士会に提出しにいきます。

※税理士登録される前の書類提出をした段階ではまだ税理士ではないため、ご注意ください。開業する税理士が、この段階で営業活動を開始するのは税理士法違反となってしまいます。

 

提出後は、面接などを経て、晴れて税理士となることができるのです。

提出から2か月程度して、税理士名簿に名前が記載され、税理士として活動することができるようになります。


なお、登録費用に関しては、登録免許税が60,000円、登録手数料が50,000円となります。

この他に、税理士会の会費と支部会費も支払うことになるので、まとまった支出が出るとお考えください。


最期までご覧くださりありがとうございました。

特に税理士試験や大学院進学による科目試験の免除制度に関して、ご参考としていただければと存じます。

少しでも多くの方が税理士を目指されるのであれば、とてもうれしく思います。

我々は東京税理士会渋谷支部に所属する税理士事務所ですが、狭い業界ですので、皆様が税理士登録をされた後に一緒にお仕事をする機会もあるかもしれませんが、その際はどうぞよろしくお願い申し上げます。


→渋谷区恵比寿の税理士事務所センチュリーパートナーズのトップページへ

▲このページのトップに戻る