法人で行った方が良いの?それとも個人で行った方が良いの?

衣装(ドレスや着物)などのレンタル業務、アクセサリーや時計のレンタル業を始める際に、個人事業で始めるのか、それとも会社設立をして法人として始めるのか、悩まれる方も多いのではないかと思います。基本的には、利益の金額が大きくないのであれば(数百万円程度の金額なら)、個人事業としてレンタル業を経営した方が税金や社会保険料は安く済みます。

 

しかし、たとえ利益が少ないとしても、対外的な信用度を高めることができるのが法人です。そのため、会社設立をしてお客さんに安心して取引をしてもらうと言うのも良いのではないでしょうか?税金の節税を意識するあまり、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまってはもったいないとも考えられますので。

 

ここまでご覧くださり、ありがとうございました。

 

レンタル業に関しては特に特殊な税務などは不要ですので、とても簡単に書いたページとなりましたが、もしも、税理士に相談してみたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡くださいませ。確定申告や税務顧問、会社設立などに関して、丁寧にご説明させていただきます。

 

 

ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

当社へのお問合せは、お電話または下記のお問合せフォームよりお願いいたします。

 

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 03-6712-2680

受付時間:9:00〜18:00(日、祝日は除く)

▲このページのトップに戻る